〜社寺建築☆美の追求〜 大岡實の設計手法  大岡實建築研究所
  HOME > 作品目録 > 新築作品 > 仏舎利塔 > 美浜仏舎利塔(福井県三方郡美浜町)
美浜仏舎利塔(福井県三方郡美浜町)
 
美浜仏舎利塔は福井県三方郡美浜町早瀬の、若狭湾に面した岳山の山頂に所在する。別名、若狭仏舎利塔とも云うようだ。そのデザインは仙酔峡(熊本)、清澄(千葉)から続く、ルアンウェリーの小ストゥーパ(スリランカ/セイロン)をモデルとした作品となっている。
 
     
仙酔峡仏舎利塔(熊本県阿蘇市) 清澄仏舎利塔(千葉県鴨川市)
     
   
  ここは三方五湖の一つ、日向湖につながる日向漁港/前方は日本海の若狭湾  
   
   
 
右手を見たところ/正面の山が岳山/その頂上にNТТ早瀬中継所のアンテナ塔がたっているが、そこに美浜仏舎利塔が所在する
(クリックしてビデオを見る)
 
   
   
  木々が鬱蒼としているが、僅かに仏舎利塔の相輪部分が見える  
   
   
 
麓のここから登っていく/フェンスで閉じられており、用のある者は自分で開け閉めして登ることが出来るようになっていた
 
   
   
  坂を上り切ると駐車場があり、前方の道をもう少し進む  
   
   
  駐車場に立つ案内図はボロボロだった  
   
   
  拡大して見ると、仏舎利塔のほかに弥勒殿・みろく会館があるようだ  
   
   
  駐車場から仏舎利塔へと進む  
     
   
  右手を見ると、先程の日向漁港の辺りが見える (クリックしてビデオを見る)  
   
   
  正面左手はみろく会館、右手は弥勒殿/この背後に美浜仏舎利塔が所在する  
   
   
 
これが美浜仏舎利塔(福井県三方郡美浜町)/大岡實建築研究所
昭和41年設計/年月が経ってかなり汚れている/再塗装が望まれるところだ(クリックしてビデオを見る)
 
   
   
  平面図、平面断面図  
   
   
  正面図、断面図  
   
   
  さて、基壇の上に上がってみよう  
   
   
  クライアントは世界平和を希求する日本山妙法寺(藤井日達聖人)  
   
   
  降魔成道釈尊像であろうか  
   
   
  欄巡が廻る  
   
   
  球体は目地切が施されている  
   
   
  仏贋廻りのデザイン  
   
   
  上部の相輪部分/蓮弁の請花も見える  
   
 
ここに工事中の写真が残っている
 
  左手に仏舎利塔、弥勒殿そして右手に日向漁港の辺りが見える  
   
   
  この写真でも弥勒殿が建っているが、みろく会館はまだ建っていないようだ  
   
   
  これは落慶法要時の写真のようだ  
   
年月 西歴 工事名 所在地 工事期間 助手 構造設計 施工 構造種別
昭和41 1966 美浜 仏舎利塔 福井県三方郡美浜町 昭和41〜45 松浦弘二 松本曄 地元業者 RC造
   
     
Copyright (C) 2012 Minoru Ooka Architectural Institute All Rights Reserved.