〜社寺建築☆美の追求〜 大岡實の設計手法  大岡實建築研究所
  HOME > 作品目録 > 新築作品 > 仏舎利塔 > 舞鶴仏舎利塔(京都府舞鶴市)
舞鶴仏舎利塔(京都府舞鶴市)
舞鶴仏舎利塔(京都府舞鶴市)
 
舞鶴仏舎利塔は京都府舞鶴市行永の菅坂峠、府道51号線の菅坂北トンネルの東寄りに所在する。
 
前方の山の頂上付近に白い仏舎利塔が見える
   
アップで見たところ
   
このトンネルが菅坂北トンネル
  左手のこの道路を登っていく/自分でバリケードを開け閉めする   
   
   頂上付近に到着すると仏舎利塔が見えてきた  
     
     
  前情報では相当汚れっぱなしのようだったが、綺麗に塗装されている  
     
   
 
これが舞鶴仏舎利塔(京都府舞鶴市)/大岡實建築研究所 昭和46年設計/クライアントは世界平和を希求する日本山妙法寺(藤井日達聖人)
 
     
   
  「日本山妙法寺 日達」とある  
   
   
 
ルアンウェリーの小ストゥーパ(スリランカ/セイロン)をモデルとした作品となっている
 
   
   
  上部の相輪部分  
   
   
  説法釈尊像であろうか  
   
   
  仏贋廻りのデザイン  
   
   
  ここからは舞鶴港の辺りが良く見える  (クリックしてビデオを見る)  
   
   
  正面図
この図面では四方に仏贋があるが、実際には正面一ヶ所のみとなっている
 
   
   
  平面図、断面図  
   
   
  各部詳細図  
   
  ここに工事中の写真が残っている  
   
  これは落慶法要時の写真のようだ  
年月 西歴 工事名 所在地 工事期間 助手 構造設計 施工 構造種別
昭和46 1971 舞鶴仏舎利塔 京都府舞鶴市 昭和46〜50 松浦弘二 松本曄 地元業者 RC造
   
   
   
   
Copyright (C) 2012 Minoru Ooka Architectural Institute All Rights Reserved.